誰も知らない地方ルール
--.--.-- --
Category | スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
l top
2007.01.21 Sun
Category | おはなし
名)スル
戦時体制下などで、法律により食糧・物資などを政府が民間に一定価格で半強制的に売り渡させること。
「米を―する」「―制度」
参考goo辞書

日本でも第二次大戦中にこれが行われた事がありました
鉄がどうにも足りなくなったので一般の家庭から鍋とかフライパンを持っていったというあれですね
寺の鐘まで持って行かれたことから相当苦しかった事が分かります
そういう話は聞いたが事あったのですが、
今朝テレビでやっていた番組を見てショックを受けました
その供出に家庭で飼っていた犬や猫も対象になっていたというのです
寒冷地用の軍服の裏地に毛皮が必要だから、という理由だったとか
恐ろしいですね・・・・
普通そこまでするでしょうか
いや、戦時中は普通が普通でなくなるんでしょう
その頃は形勢がかなり不利な状況だったようなので尚更です
そのテレビでは実際に猫を供出した人が話していました
猫を袋に入れて軍人の待つ広場に持っていく、その道中は辛かったでしょうね
この人は絶対「国の為」なんて思っていなかったでしょう
そんな事より何で家の猫を出さなければいけないの?
そればかり考え、でも断れば非国民扱いされ、村八分にされる
断腸の思いで差し出したんでしょう
家では猫を飼っていますが、このテレビを見て家のはほんと幸せ者なんだなぁと実感しました
若し今戦争が起こって同じように供出命令が出たらどうしよう・・
家でペットを飼っている、又は飼った事があるという方は是非この辺を見て欲しいです
何か感じるものがあると思うので


あー、駄目だ
俺の拙い文章力では思うように書けん○| ̄|_
コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

 

コメントの投稿












 

トラックバック

トラックバック URL
http://ayudama.blog88.fc2.com/tb.php/16-94629a46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。